このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。ブラウザの設定によりクッキーの機能を変更することもできます。
詳細はクッキーポリシーをご覧ください。閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

dentsu casting and entertainment

#04

これまでの膨大な契約実績が、未来のプロジェクトにつながっていく

R.K
法務部2020年入社
あなたの仕事について教えてください

これまでの膨大な契約実績が、未来のプロジェクトにつながっていく

法務部に所属し、主に契約書の作成や確認を担当しています。タレントに広告やイベントへの出演を依頼するための契約書を作成し、それを基にキャスティング担当者からタレント事務所へ交渉してもらいます。契約でのトラブルを未然に防ぐためには、提案したい企画内容を法務でもあらかじめ把握することが大切なので、キャスティング担当者や経理とは密に連携をとっています。 また、それらの膨大な契約情報を法務で整理・管理し、次のプロジェクトに活かせるようにしています。

電通キャスティングアンドエンタテインメント(DCE)を志望するようになった理由

エンタテインメントや作り手を、「法律」を通して支えたい

学生時代は法曹を志していたのですが、大学院を卒業した後に断っていたテレビ番組やゲームなどに久しぶりに触れた際、自分はエンタテインメントを好きだったことを思い出し、コンテンツやそれらを生み出す作り手を支えたいという気持ちが湧き上がりました。DCEの法務は、これまで学んでいた「法律」を通して、それが実現できると思い志望しました。

DCEの仕事で達成感を感じたこと

スピード感のある仕事で得られる「信頼」

契約書の作成から締結までの期間がとても短いプロジェクトを担当することがあります。その際は、経理や契約書管理の担当者に情報をすぐさま共有し、迅速に確認を始められるよう調整します。契約作業の中で発生する法務的な疑問や問題点は、すぐに解決して回答するよう意識して取り組んでいます。キャスティング担当者から「納期内で契約を達成することができました!」と報告をもらえると、DCEの法務の強みである「スピード感」が活きたと達成感を感じますね。

DCE の「ここ」が好き!

忙しい時でも明るく仕事に臨む姿勢に、刺激をもらえる

DCEで働く人は、たとえ忙しい状況でも明るく仕事に取り組んでいるので、自分もそうありたいと刺激を受けます。時にピンチを楽しめるというのは、仕事を楽しんでいる証拠ですよね。また、話上手・話好きな人が多く、部署をこえたコミュニケーションが常にあるので、その関係性の中で業務を進めることができます。社員同士の距離の近さを感じられる社内の雰囲気も好きなところです。

お仕事ならではの「あるある」はありますか?

斬新な表現の実現を支えた契約内容が気になる

タレントを起用している広告グラフィックやCMを見かけると、契約内容を自然に思い描くときがあります。独特な撮影方法や奇抜な設定の表現を用いている広告では、実現させるための契約内容の調整が必要になると思うので、その契約成立に至るまでの過程がどうだったのだろう、どういう契約であればこの表現が可能になるのだろうと考えてしまいます。

オフの時間の過ごし方

「写真」に触れてリフレッシュ

PCに向き合う時間が多い仕事なので、休日はなるべく外に出かけるようにしています。結婚したパートナーが写真を撮るのが趣味なので、一緒に公園へ出かけて撮影に付き添い、リフレッシュしています。美術館や展覧会もよく見に行きますね。最近は東京都写真美術館へ行きました。自分もいつか写真に挑戦してみたいと思っているところです。

Entry

エントリー

募集要項、採用情報のご確認やエントリーは、下記のリンクからお願いいたします。
みなさんとお会いできることを楽しみにお待ちしております。